梅岳寺

13.梅岳寺2

梅岳寺ははじめ「花谷山神宮寺」といっていました。立花氏の菩提寺で、天正3年(1575)立花城主立花道雪の母を葬りその法名にちなんで養孝院梅岳寺と改称しました。その後、天正13年(1585)道雪のなきがらもここに葬り、現在では道雪、道雪の母、家臣の薦野増時の3人の墓が残されています。立花宗茂が川柳に移った際に、菩提寺として柳川に設立したのが福厳寺です。

住所

福岡県糟屋郡新宮町立花口1275

シェアする