新徳古墳

平成4年度に調査を行いました。墳丘はほとんど削られていたため、当初古墳とは判断できませんでした。6世紀後半代と思われる直径約11m程度の円墳で、主体部は約3.3m×2.4m程度の横穴式石室でした。遺物は鉄刀、鉄鏃、馬具、玉類等約100個、須惠器約40点と豊富な遺物を発見しました。

シェアする