歴史 一覧

遠見番所跡

遠見番所は江戸時代の鎖国政策の一環で、姫島(志摩町)、西浦(西区)、相島、大島(宗像市)、岩屋(若松区)の五ヶ所に設置され、異国船の来航を厳…

詳細を見る

龍王石

漁民が信仰する、八大龍王をまつる御神体石です。毎年11月15日に、豊漁を願う伝統的な龍王祭が行われています。…

詳細を見る

梅岳寺

梅岳寺ははじめ「花谷山神宮寺」といっていました。立花氏の菩提寺で、天正3年(1575)立花城主立花道雪の母を葬りその法名にちなんで養孝院梅岳…

詳細を見る

六所宮

立花口の産土神。立花道雪は六所権現の崇拝が厚く、出陣に際しては戦勝祈願をしたと伝えられています。…

詳細を見る

独鈷寺

伝教大師が建設したといわれ、天台宗開祖の寺として伝えられています。最盛期には36坊を抱える大寺院で、立花口のことを院内村と呼んでいましたが、…

詳細を見る

川上神社

原上・三代の産土神。筑前国続風土記附録には「香椎宮の末社」と記され、香椎宮とつながりの深いお宮で、昔は、壮大な神殿があったということです。…

詳細を見る

夜泣き観音

永禄11年(1568)立花城主立花鑑載が戸次鑑連(後の立花道雪)から攻められ落城しました。鑑載の妻と子どもが城を脱出し、この近くの橋の下に…

詳細を見る

太閤水

天正15年(1587)、豊臣(太閤)秀吉が鹿児島の島津氏を平定するため九州に来ました。同行していた茶人、津田宗及が堀ったこの井戸で、博多から…

詳細を見る

高松神社

大字下府字髙松1番地にあります。神代からの社と言い伝えられ、明治に神社として列格されています。…

詳細を見る

新宮神社(上府)

上府の小高い丘に鎮座する産土神です。もとは今池の西側に建っていましたが、すぐ横に鉄道が開通してお参りに行くのも不便になるなどして、明治41…

詳細を見る