終了→12/10(土) 相島漁師のいけま売り!

20161207133939693_0001

img_4744






























新宮沖の玄界灘に浮かぶ相島。そこで獲れた天然の魚介類を、
相島の漁師が漁船の「生け間(いけま)」から直接販売する「島の漁師のいけま売り」を開催します。


地元新宮町の水産物の魅力を皆さまに知っていただくため、活魚販売のほか、
新鮮な魚介を使った「海鮮焼き」や町内の若手農産物生産者も参加して、イチゴ・キウイ・みかんなどの地域の特産品の販売を行い、
地域おこし協力隊の隊員も新宮町の素材を使った手作り雑貨などを販売してイベントを盛り上げます。


新宮町の「海」・「山」の豊かな恵みが一堂に会するこの機会に、ぜひお越しください。


※「生け間(いけま)」とは
・・・・沖で獲れた魚を、帰港して水揚げするまでの間、
  生かしておくための漁船に設けられているスペースで、生け簀のこと。


■開催日時 12月10日(土) 9:00~11:00 ※小雨決行

■開催場所 新宮漁港(渡船場) 住所:新宮町湊437-2  
   →※ご注意:会場は相島ではありません。新宮漁港になります!!
<内容> 
①島の漁師のいけま売り 9:00~11:00(売り切れ次第、終了となります)
 →相島の漁師が漁船の生け間(生け簀)から直接魚を販売します。


②海鮮焼き 9:00~11:00(売り切れ次第、終了となります)
 →新鮮な魚介を使った「海鮮焼き」を販売します。


③特産品・農産物販売 9:00~11:00
 →丹精込めて育てた安全で安心な農産物や、地域の資源を活用した加工品を展示・販売します。


●主催/若潮の会
●協力/相島ドリームワークス、粕屋農協青年部
●後援/新宮相島漁業協同組合・相島区・新宮町おもてなし協会

_______________________

→お電話でのお問合せは
 新宮町おもてなし協会 TEL:092-981-3470


_______________________

<アクセス及び料金>
■新宮漁港駐車場(約200台収容):12時間以内300円、24時間以内500円
■コミュニティバス(マリンクス):100円(前乗り乗車)
 ・JR福工大前駅・西鉄新宮駅より「相島渡船場」行きの
  コミュニティバス(マリンクス)が運行しています。
  ※事前に時刻表をご確認ください。

 

シェアする