【11月17日開催!】秋の味覚!相島の漁師のいけま売り

スーパーで買うお魚もいいけど、獲れたて新鮮な天然のお魚を漁師直売で買ってみませんか?

新宮沖の玄界灘に浮かぶ相島で獲れた天然の魚介類を、
相島の漁師が漁船の「生け間(いけま)」から直接販売する「島の漁師のいけま売り」を11月17日(土)に開催します。

「生け間(いけま)」とは

沖で獲れた魚を、帰港して水揚げするまでの間、
生かしておくための漁船に設けられているスペースで、生け簀のことをいいます。

開催日時

2018年11月17日(土) 9:00~11:00

※終了時間は前後する場合があります
※高波や悪天候の場合は中止となる場合があります。
※小雨決行します
※悪天候が続いた場合や高波や時化により、十分な魚が準備できない場合は、事前に中止する場合があります
※入港8時30分(予定)

開催場所

新宮漁港(渡船場) 

住所:新宮町湊437-2
→※ご注意:会場は相島ではありません。新宮漁港です!!

内容

島の漁師のいけま売り(売り切れ次第、終了となります)
→相島の漁師が漁船の生け間(生け簀)から直接魚を販売します。

お問い合わせはこちらまで

新宮町観光案内所(新宮中央駅直通)
電話:092-981-3470

アクセス及び料金

■新宮漁港駐車場(約200台収容):12時間以内300円、24時間以内500円
■コミュニティバス(マリンクス):100円(前乗り乗車)
・JR福工大前駅・西鉄新宮駅より「相島渡船場」行きのコミュニティバス(マリンクス)が運行しています。※事前に時刻表をご確認ください。

主催:新宮相島漁業協同組合いけま売り部会